なんだかもやもや-->スッキリ

コンピュータ関係、ライフサイエンス関係をつぶやきます。世の中の役に立つことを書いていきたいです。

『実践Ruby on Rails 4』でVagrant1.8.5を使ったときに、vagrant upでエラーが出るときの対処法

Ruby on Rails4でとても評判の良い『実践Ruby on Rails 4』で、書籍が出てから少し時間がたってしまったからだと思いますが、作者のサポートページにおいていあるCentOSを立ち上げるVagrantFilesがそのままではupできません。。。

作者の方のサポートページ
『実践Ruby on Rails 4』読者サポートページ - Ruby on Rails with OIAX

CentOS用のVagrantFileダウンロードURLは
http://pub.oiax.jp/jissen_rails/vagrant-rails-centos6.5.3-1.0.3.zip

ここのVagrantFilesをWindows上で vagrant upすると、、

以下のウェブサイトにあるような認証エラーがでてvagrant upが途中で止まってしまいます。。

出るエラーは

default: Warning: Authentication failure. Retrying…
default: Warning: Authentication failure. Retrying…

chanoka.jp

上記URLでも回避方法が書いてありますが、vagrantfileの具体的にどこに書くのかまで書いていないので、全文を書きます。ご参考まで。


Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "centos6.5.3"
config.vm.box_url = "https://github.com/2creatives/vagrant-centos/" +
"releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
vb.customize [ 'modifyvm', :id, '--memory', 1024 ]
end
config.vm.network "forwarded_port", guest: 3000, host: 4000
config.ssh.insert_key = false ←★ここに1行追加します!

config.vm.provision :shell, inline: "yum -y update"
config.vm.provision :shell, inline: "yum -y install wget"

config.vm.provision :shell, path: "provision/chruby.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/ruby-install.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/ruby.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/rails.sh", privileged: false
config.vm.provision :shell, path: "provision/mysql-server.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/postgresql-server.sh"
end

これでvagrant upが途中で止まらずに先に進みます。
config.ssh.insert_key = falseを入れずにvagrant upしてしまった人は
一度
vagrant destroy → Vagrantfileに1行入れる →vagrant reload で先に進むことができるようになると思います。

ご参考まで。
参考にしたウェブをもう一つリンク張っておきます。
mawatari.jp