なんだかもやもや-->スッキリ

コンピュータ関係、ライフサイエンス関係をつぶやきます。世の中の役に立つことを書いていきたいです。

格安SIMの落とし穴(1) 白シムとSIMフリーは違う

最近auからUQmobileに変え、元々持っていたiPhoneを大画面のiPhoneに変えようと思い、iPhoneの端末だけを買った。そのときに参考にしていたのは「白シム」という用語。

一般的に馴染みのある用語はSIMフリーだと思うが、意味合い的に一緒かと思い、白シムのiPhone6s Plusを購入。UQmobileのシムを指すものの見事にアクティベーションできない。

こいつはやられたと思い、アクティベーション用のシムを買って見たものの、アクティベーションはできるが通話はできそうな気配は全くなかった。これはやらかしたと大いに反省した。

結果的に白シム=同じキャリアでシムを交換すれば使えるよ、というものと

SIMフリー=どのキャリアのSIMでもバッチコイ!

は全然違うということを認識しなければいけない。

SIMフリー!=白シム ご注意ください。

生産性(伊賀泰代著)を読んでのメモ

正月休みに
Amazon CAPTCHA
を読んだので、マーケットプレイスで売却する前に気になったことをメモする。

著者はマッキンゼーコンサルタントあがり人事部に合計17年いた方。
http://igayasuyo.com/profile
↑こんな方ですね。

本自体は平易な文章で読みやすく、1時間半くらいで読めます。
価格が1600円ということを考えると、もう少し読み応えがほしかったところ。
内容自体は納得できるところがいくつもありました。

生産性とは、アウトプット ÷ インプット で算出するもの。
インプットは、投入したリソースを表し、アウトプットは顧客が評価する価値で評価される。
著者が言いたいのは、サラリーマンから見たときの案件ごとのアウトプット=利益だけではなく、
会議やレポート作成などの単体作業一つ一つの生産性を向上させることで、全体の生産性が上がる
ということを言いたいのだと思われる。
マッキンゼーでは個人プレイだけでは成果が限定的になるので、チームで生産性をあげることが大事だそう。
(そのあたりは日本の会社にいると、へぇそうなんだくらいしか感じられないところではある)

生産性を向上させるターゲットとなっていて、印象に残ったものとしては「会議」について

会議の目的は
1.決断すること
2.洗い出しをすること(リストを作ること)
3.情報共有すること
4.合意すること=説得すること=納得してもらうこと
5.段取りや役割分担など、ネクストステップを決めること
と5つあると著者は述べている。

会議を短くするコツは、作成した資料を説明しないことと著者は述べている。
たしかに資料の説明は資料作成者に対する褒美であり、それは無駄だという意見は納得。
(しかしながらよく資料を作る側の人間としては褒美がないのは寂しさも感じる)

会議で決定をさせるには、ロジックを作り、そこに情報を当てはめることと述べているが、
ロジックを作って偉い人に納得させるのが結構大変ですよね…実際のところは、そう簡単にはいかないわけで…

あとは、印象に残ったのは新人のコンサルタントにはストップウォッチを持たせて、調査、分析の時間を測らせて報告させるというところ。
確かに一つ一つの作業の時間を測ると見える化できるよね、と個人で思ったことがあったが、結構面倒くさくなりやめてしまった経験がある。一人でやっていてもむなしいだけで、ある程度複数人で挑まないといけない。
新人コンサルタントとシニアマネージャでは実力差が雲泥の差で、実力ある人から言われたら確かに従うかもしれない。

この本の中で生産性は、イノベーション=革新、インプルーブメント=改善の2本柱で高めよ、と書いてある。
改善は3%の生産性UP、革新は3割アップと述べているが、日本の会社の中で革新が起きていることは目にしたことがなく、たとえ自分たちが改善しても、改善していないほかのチームの仕事をその分任されそうで、いまいちモチベーションが沸かない。そんな環境自体が良くないんだと、自省しつつ。

Windows10で休止状態から勝手に(なおかつ、即時に)OSが復帰してしまうのを抑止する設定

ずっと悩んでいたことが昨日ようやく解決しました!

スリープから勝手に復帰してしまう様な事は無くなりました。
対象はWindows7となっていますが、Windows10でも同様に設定が可能でした。
PCアイコンを右クリック→プロパティ→デバイスマネージャー→ネットワークアダプタ
Realtek PCle GBA Family Conttroller
 →電源の管理
  →「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずす

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-power/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97/fad333c2-6a1e-4b1c-ab21-8ea5f30afbf3

4-4データベースのセットアップでエラーになった場合の対処法

Chapter4-2 データベースのセットアップにて

テキスト通りに進めて
bin/rake db:createをすると


[vagrant@vagrant-centos65 vagrant]$ bin/rake db:create
/home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rb:190:in `rescue in spec': Specified 'mysql2' for database adapter, but the gem is not loaded. Add `gem 'mysql2'` to your Gemfile (and ensure its version is at the minimum required by ActiveRecord). (Gem::LoadError)
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rb:187:in `spec'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/connection_handling.rb:50:in `establish_connection'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/railtie.rb:129:in `block (2 levels) in '
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activesupport-4.1.0/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `instance_eval'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activesupport-4.1.0/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `execute_hook'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activesupport-4.1.0/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:45:in `block in run_load_hooks'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activesupport-4.1.0/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:44:in `each'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activesupport-4.1.0/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:44:in `run_load_hooks'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/base.rb:326:in `'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/activerecord-4.1.0/lib/active_record/base.rb:23:in `'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:338:in `active_record_configured?'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:259:in `disconnect_database'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:97:in `preload'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:143:in `serve'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:131:in `block in run'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:125:in `loop'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application.rb:125:in `run'
from /home/vagrant/.gem/ruby/2.1.0/gems/spring-1.7.2/lib/spring/application/boot.rb:19:in `'
from /opt/rubies/ruby-2.1.0/lib/ruby/site_ruby/2.1.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from /opt/rubies/ruby-2.1.0/lib/ruby/site_ruby/2.1.0/rubygems/core_ext/kernel_require.rb:55:in `require'
from -e:1:in `
'
がっつりエラーが出ます。
その場合

stackoverflow.com

を参考に、Gemfileの中の1行を変更します。

具体的には
gem 'mysql2'

gem 'mysql2', '~> 0.3.18'
変更したGemfileは以下の通りです。


source 'https://rubygems.org'
ruby '2.1.0'

gem 'rails', '4.1.0'
gem 'mysql2', '~> 0.3.18'
gem 'sass-rails', '~> 4.0.3'
gem 'uglifier', '>= 1.3.0'
gem 'coffee-rails', '~> 4.0.0'
gem 'jquery-rails'
gem 'turbolinks'
gem 'jbuilder', '~> 2.0'
gem 'sdoc', '~> 0.4.0', group: :doc
gem 'spring', group: :development

gem 'therubyracer', platforms: :ruby
gem 'bcrypt', '~> 3.1.7'
gem 'nokogiri', '~> 1.6.1'
gem 'rails-i18n', '~> 4.0.1'
group :test do
gem 'rspec-rails', '~> 3.0.0'
gem 'spring-commands-rspec', '~> 1.0.1'
gem 'capybara', '~> 2.2.1'
gem 'factory_girl_rails', '~> 4.4.1'
end

『実践Ruby on Rails 4』でVagrant1.8.5を使ったときに、vagrant upでエラーが出るときの対処法

Ruby on Rails4でとても評判の良い『実践Ruby on Rails 4』で、書籍が出てから少し時間がたってしまったからだと思いますが、作者のサポートページにおいていあるCentOSを立ち上げるVagrantFilesがそのままではupできません。。。

作者の方のサポートページ
『実践Ruby on Rails 4』読者サポートページ - Ruby on Rails with OIAX

CentOS用のVagrantFileダウンロードURLは
http://pub.oiax.jp/jissen_rails/vagrant-rails-centos6.5.3-1.0.3.zip

ここのVagrantFilesをWindows上で vagrant upすると、、

以下のウェブサイトにあるような認証エラーがでてvagrant upが途中で止まってしまいます。。

出るエラーは

default: Warning: Authentication failure. Retrying…
default: Warning: Authentication failure. Retrying…

chanoka.jp

上記URLでも回避方法が書いてありますが、vagrantfileの具体的にどこに書くのかまで書いていないので、全文を書きます。ご参考まで。


Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "centos6.5.3"
config.vm.box_url = "https://github.com/2creatives/vagrant-centos/" +
"releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box"
config.vm.provider :virtualbox do |vb|
vb.customize [ 'modifyvm', :id, '--memory', 1024 ]
end
config.vm.network "forwarded_port", guest: 3000, host: 4000
config.ssh.insert_key = false ←★ここに1行追加します!

config.vm.provision :shell, inline: "yum -y update"
config.vm.provision :shell, inline: "yum -y install wget"

config.vm.provision :shell, path: "provision/chruby.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/ruby-install.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/ruby.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/rails.sh", privileged: false
config.vm.provision :shell, path: "provision/mysql-server.sh"
config.vm.provision :shell, path: "provision/postgresql-server.sh"
end

これでvagrant upが途中で止まらずに先に進みます。
config.ssh.insert_key = falseを入れずにvagrant upしてしまった人は
一度
vagrant destroy → Vagrantfileに1行入れる →vagrant reload で先に進むことができるようになると思います。

ご参考まで。
参考にしたウェブをもう一つリンク張っておきます。
mawatari.jp

コンパクトなLinuxサーバをまとめてみました。

(◎)本命 まずは歴史的には一日の長がある。OpenBlocks

openblocks.plathome.co.jp

いつのまにかARMプロセッサになっていた。。LinuxDebianだけか。昔はRedHat系もインストールできたのに。

(△)対抗馬 CenturySystemsのFutureNet、でもUSBインターフェースは2.0だけです。それが残念。

www.centurysys.co.jp

(○)対抗馬 ピノーのサバ太郎

www.pinon-pc.co.jp

これが今回調べた中では唯一USB3.0が使えるコンパクトLinuxサーバでした。

(×)穴馬 Cubox-11 
gigazine.net
なんか一番怪しいですが。Cuboxとかどうやって買うんだろうか。

OwnCloudよりもAlfrescoか?

ここ最近、いろいろな経緯があってOwnCloudに注目していた。
しかしながらOwnCloudはクライアントのWindows7からパスワード入力なしでSSOをすることができない。やろうとするとOwnCloud以外のサードパーティの製品が必要になってしまうらしい。。オープンソースなのに残念だ。。ということで他のソフトを探していたらAlfrescoというOSSを見つけた。
でもAlfresco聞いたことがない。かなりマイナーなのか。。ということでこの週末調べたURLをいくつか貼り付けておきます。

まず見始めたのは…
sirokum.dip.jp
↑でも細かいところがちょいちょい間違ってます。。でも方向性は分かりやすくて助かりました。

LinuxでやるときはActive Directoryにまず参加しないとね。
http://blue-red.ddo.jp/~ao/wiki/wiki.cgi?page=Linux+%A4%C7+AD%BB%B2%B2%C3 blue-red.ddo.jp

Linux Memo/Windows AD(LDAP)認証Linuxにログインする方法
http://mz80.ism21.net/?Linux%20Memo%2FWindows%20AD(LDAP)%C7%A7%BE%DALinux%A4%CB%A5%ED%A5%B0%A5%A4%A5%F3%A4%B9%A4%EB%CA%FD%CB%A1 mz80.ism21.net

Apache(Linux)に、Windowsドメイン認証を利用して、シングルサインオンを実現する詳細手順
d.hatena.ne.jp

Alfresco Authentication Subsystems
https://wiki.alfresco.com/wiki/Alfresco_Authentication_Subsystems wiki.alfresco.com

AEGIFさんのとっても役に立つブログ♪
aegif.jp
http://aegif-labo.blogspot.jp/2015/01/alfresco-50-sso.html aegif-labo.blogspot.jp

SlideShareでのSSOに関する資料

www.slideshare.net

apache の認証を NTLM 認証にする
d.hatena.ne.jp

Single sign-on websites with Apache httpd:Integrating with Active Directory for authentication and authorization
http://people.redhat.com/mskinner/rhug/q1.2014/Apache_httpd.pdf people.redhat.com

Alfresco integration with Active Directory
http://www.anotherstrangerme.com/alfresco-integration-with-active-directory/comment-page-2/ www.anotherstrangerme.com

Alfresco NTLM subsystem
http://docs.alfresco.com/community5.0/concepts/auth-alfrescontlm-ntlm.html docs.alfresco.com
最終的にはオフィシャルのDocumentを目を皿のようにしてみないといけないんだろう。。

やり方が纏まったらまた書きます。